代表取締役会長

岡田贊三

岡田贊三(おかだ さんぞう)自然エネルギー推進事業家

1943年生まれ  立命館大学卒

㈱富士屋代表取締役社長  ㈱バロー代表取締役副社長などを歴任後、2000年より飛騨産業株式会社代表取締役社長に就任。

現在、ひだ自然エネルギー協議会会長、(協)飛騨木工連合会理事長、(社)国際家具振興会理事、飛騨杉研究開発共同組合代表理事などをつとめる。


岡田贊三が代表を務めるひだ自然エネルギー協議会及び木質燃料株式会社の実績

地域協議会民生用機器導入促進事業実施、地域資源発掘活用プロジェクト事業実施、講習会実施他多数

高山市における木質バイオマス活用のために以下の調査を実施

◎木質バイオマス燃料地域流通整備事業「ペレット流通における課題と解決方法の検証」

◎木質ペレット等地域流通整備事業「ペレット流通における需要拡大に伴う課題と解決方法の検証」

◎バイオマス等未活用エネルギー事業調査「飛騨地域における木質バイオマスの利用可能量の調査及び資源の収集・運搬に係る経済データ収集事業」

◎高山市地域新エネルギービジョン事業FS調査「ペレット工場におけるガス化発電の可能性調査」

◎農商工連携対策支援事業「飛騨地方の森林資源を活用した木質ペレット燃料生産と森林活性化事業」


代表取締役社長

谷渕庸次

谷渕庸次(たにぶち ようじ)自然エネルギー技術専門家

1972年生まれ 三重大学大学院生物資源学研究科生物生産工学専攻

  木質バイオマスのガス化発電システムにかかわる研究

1997年関西産業株式会社入社 企画・営業・設計・施工全ての業務の経験を積む。

2002年NPO法人森と地域・ゼロエミッションサポート倶楽部の設立に参画し、現在理事とし活

  動に参画をしている。

2006年に高山バイオマス研究所を設立し、以降バイオマス事業を中心に自然エネルギーの事業計画

  及び事業監理を行っている。

バイオマス発電所の建設を含め、数々の自然エネルギー事業の立ち上げ・建設に携わっている。


谷渕庸次の業務実績

◎バイオマス事業の計画・準備調査【多数実績あり】

◎バイオマスボイラー導入における設計施工監理【多数実績あり】

◎自然エネルギー発電所導入検討【複数実績あり】

◎自然エネルギー発電所建設支援【複数実績あり】  など